« パン教室 | Main | 誕生日 »

2005.11.17

象さん

TVで動物と会話できるという外国人女性が

象の”ランディ”と対面していた。映画になったあの象さん。

胸が苦しく、目が腫れるほど号泣してしまった。

映画はみてなかったので、この番組で青年が交通事故死したのを知った。

VTRが流れて、、、

ランディが霊柩車から離れようとせず、泣き叫び、車を通さまいとする姿。

涙ぽろぽろぽろ・・・

自分を辛いサーカスの一員から救ってくれた、かわいがってくれた、

棒で撫でてくれた、とても優しくしてくれたよ、と言っている。 と通訳・・・

涙ダーダーダー。

調教師(青年)のことは忘れてない、また会いたい。

亡くなって13年たった今もしっかりと覚えている、と通訳。

ひっくひっく、ダーダーダーー。。。

青年の写真を見せると、ずっと鼻で撫でている・・・

青年の調教棒を差し出すと、自分にこうしてくれたんだよ、

またやってほしいよ、とでもいうように鼻で棒をつかんで、体をさすっていた・・・

カセットで生前の彼の声を流すと、デッキに鼻を巻きつけ、甘えた。

そして、ランディは涙をこぼした。ぽろぽろ・・・。女性は涙をぬぐってやる。

号泣。。。鼻水。。。嗚咽。。。

青年の母親とランディは同じ想いだった。

ランディに「がんばろうね」と母親が語りかけていた。

きっと母親の言葉は通じているだろう。

|

« パン教室 | Main | 誕生日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18348/7172952

Listed below are links to weblogs that reference 象さん:

« パン教室 | Main | 誕生日 »